香典を包むお金について

香典を包む金額は亡くなった方から近ければ近いほどその金額は高くなりますが、4千円や9千円などはタブーでこれは死ぬ苦しむと言った言葉を連想させるからだそうです。また、偶数もあまりよくないようですが2万円に関しては特に問題がないようです。しかし3千円、5千円、1万円、3万円、5万円といったキリの良い数字が一般的です。3千円以下という場合も時々ありますが、よくよく考えると会葬返礼品や通夜料理を出したり、香典返しの返礼品を送るとなると相手に大変な負担をかけてしまうことになるので3千円以下はあまり好ましくはないです。香典袋には新札は避けていれましょう。もしも新札しかなかった場合は一度折って折り目をつけてから香典袋に入れます。しかしヨレヨレでは失礼なので比較的綺麗なお札を包むようにしましょう。他にもたくさんのマナーがあるのでいざという時慌てないために本やサイトなどで冠婚葬祭について学んでおいた方がよいでしょう。